狭心症の原因

何故、狭心症になるのか?

苦しむ女性

「狭心症」になる原因としては、心臓に酸素を供給している冠動脈の異常が主な原因として考えられます。冠動脈が動脈硬化などによりいつもより細くなってしまい、普段通りに心臓に酸素や血液が行き渡らなくなります。その結果、心臓が一過性の虚血状態になります。そうなることで突然の胸の苦しみに襲われたりするのです。また冠動脈にプラークという固まりが出来ることも血流を悪くしてしまう結果につながります。さらにそうした狭心症の症状を引き起こす原因は、高血圧、肥満、喫煙、ストレスなどが考えられるでしょう。動脈硬化というのは加齢も関係していますが、普段の食生活や習慣が深く関係しています。アルコールやコレステロール値の高いものばかり摂取していると動脈硬化を引き起こしやすくなってしまいます。また喫煙も控えるようにしましょう。適度にウォーキングや軽い運動などを心がけるようにするのも動脈硬化を防ぐには大事なことです。動脈硬化が起きると当然、狭心症の危険性も高まります。さらに狭心症は放おっておくと心筋梗塞といった最悪の結末を招いてしまいます。最悪の結末にならないようにきっちりと普段の食生活や生活習慣を見直すようにしましょう。