狭心症予防の食事

普段の食生活から狭心症を防ごう

「狭心症」は、冠動脈の血流が悪くなることが原因で起きます。冠動脈の血流が悪くなるのは加齢や普段の食生活が原因です。血管内にプラークが溜まったり、血液がドロドロの状態になってしまうのはコレステロール値の高い食べものやアルコールを大量摂取していたり、喫煙が原因です。つまりこういった普段の食生活や生活習慣を見直すことで狭心症を始めとした心臓病の予防に効果があると言えます。もちろんそれで必ず防げるというわけではないでしょうが、健康で長生きするためにも食生活には気をつけたいですよね。注目してほしいのは血液をサラサラにしてくれる食べ物です。

血液サラサラにしてくれる食べ物とは?

ここでいくつか血液をサラサラにしてくれる食べ物を紹介したいと思います。

青魚

青魚に含まれるDHAやEPAは血液中のコレステロールや中性脂肪を下げてくれる働きをします。また血液が固まってドロドロになるのも防いでくれます。

ごま

ごまにはリノール酸やリノレン酸といった不飽和脂肪酸が多く含まれているので、血管の壁にコレステロールが沈着するのを防いでくれます。

玉ねぎ

玉ねぎに含まれる硫化アリルという栄養素は、血液の凝固を遅らせる作用があります。

他にも色々とあるのですが、普段から狭心症予防と血液サラサラのことだけを考えて食事をするのは難しいと思います。最近では血液サラサラ成分が含まれるサプリメントなどもたくさんあります。血液サラサラ成分が含まれるサプリメントなどを摂取して狭心症予防をしましょう。