「本当は怖い家庭の医学」でも紹介された異型狭心症とは?

異型狭心症とは?

随分前にはなりますが、「本当は怖い家庭の医学」でこの異型狭心症について取り上げられていました。異型狭心症とは、何らかの原因で冠動脈が極度に縮んでしまい、血流を止めてしまうことで起きる狭心症です。これは冠攣縮性狭心症と同じです。そのため、冠攣縮性狭心症の事を異型狭心症と言ったりもします。安静時に起きることが多いため、安静狭心症の中の狭心症です。

異型狭心症の症状

異型狭心症は決まった時間に起きることが多いそうです。一番多いのは朝方に胸のあたりが苦しくなる方が多いそうです。これは自律神経のひとつ、副交感神経が活発になることが起因しています。副交感神経が活発になることでリラックス状態になります。寝ている時に人はリラックスしていますから、この状態の時に発症しやすいということです。他にもたばこやお酒を飲んだ時になるなど、何か特定の行為をした時に発症することもあるそうです。

異型狭心症の原因

タバコ、飲酒などもありますが、ストレスが一番よくありません。仕事でのストレスから冠動脈が痙攣してしまって、血流が悪くなります。最悪の場合、死に至るケースもあるそうです。

とにかくストレスを溜め込まないことが大事です。

とにかく普段の生活からストレスを溜め込まないようにすることが大事です。ゴルフや釣りなどの趣味を見つけてリラックスするようにしましょう。また過度の喫煙、飲酒は控えるようにしましょう。