冠攣縮性狭心症って??

冠攣縮性狭心症とは

「狭心症」にも色々と種類があります。ここで紹介するのは冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)です。冠攣縮性狭心症とは、冠動脈が何らかの理由で一時的に痙攣して細くなってしまい、酸素の供給が追いつかないことで起きる狭心症です。狭心症は大きく分けて労作時に起きる労作性狭心症と安静時に起きる安静狭心症がありますが、日本人の安静狭心症の多くがこの冠攣縮性狭心症であると言われています。

冠攣縮性狭心症の原因

冠攣縮性狭心症が起きる原因はいくつかありますが、その中で気をつけたいのは飲酒と喫煙です。タバコを吸った時に胸が苦しくなったりした場合は冠攣縮性狭心症かもしれません。また大量のアルコールを摂取して睡眠を取った時、明け方などに胸の痛みが現れる場合もあります。しかしそのような行為に関わらず、冠攣縮性狭心症が発生するケースもあるそうです。仕事などのストレスが原因となる場合もあるそうです。

減煙・禁酒が効果的

自分で冠攣縮性狭心症を予防するにはやはり減煙・禁酒が効果的でしょう。またストレスなどもあまり溜め込まないように、自分なりにリフレッシュをするセルフコントロールも重要だと思います。